よくある質問

Q&A

服装はどうしたらいいですか?

動きやすい服装でお越しください。上肢の場合はゆったりしたTシャツやシャツ、下肢疾患の場合はハーフパンツ、ストレッチ素材のズボン、膝上までまくることが可能なズボンでいらして下さい。着替えも可能ですので、お申し出ください。

どのくらい通えばいいですか?

お体の状態によって変わります。基本的に週1回または2週間に1回の頻度をご提案しています。症状が安定してきたら、月1回のコンディショニングをお勧めしています。症状のない状態が1ヶ月続いたら、卒業をご検討ください。月1のコンディショニング継続ももちろん、可能です。

クレジットカード・スマホ決済は使えますか?

現金のみのお支払いとなります。

インソールはどこで作れますか?

現在、西東京かとう整形外科にてインソール作製を行っております。医師の診察をご希望の方は、診察を受けていただいてからインソール作製となります。

インソール作製はどのくらい時間がかかりますか?

約40〜60分となります。

インソールの調整はどのくらいの頻度で行いますか?

調整回数はお体の状態によって変わります。長い期間かけて出来た骨の変形や脚長差の場合、体の順応を考慮し、2回に分けてインソールを作製する場合もあります。調整が必要な場合、2~4週間に1回の頻度が理想的です。

インソールは洗濯しても大丈夫ですか?

中敷の表面は洗って頂いても構いませんが、パッドが貼ってある靴側の面は洗わないで下さい。パッドは強固に接着してありますが、水に対して非常に弱く、ずれる事があります。パッドがずれると効果が下がってしまいます。雨で濡れてしまったり、運動などで汗をかいたりしてインソールが濡れてしまった場合は、陰干しで乾かして下さい。

インソールの寿命はどのくらいですか?

インソールの寿命は日常生活レベルでは12~24ヶ月、競技レベルでは3~12ヶ月が目安です。靴が古くなってきた、インソールがへたってきたら再作製を検討いたします。インソール作製後に靴を変更しても症状がない場合は経過観察でも構いませんが、症状が再出現する場合は再作製をお勧めいたします。コンディショニング目的でインソール作製も可能です。

インソールの使い始めに気をつけることはありますか?

インソールによって歩き方や体の使い方が変わり、今までと違った筋肉の使い方をします。インソール使用開始後、3~4日くらいは筋肉痛の様な症状がでる場合がありますので、急激に活動量を増やさないように気をつけてください。1週間以上続くような違和感や痛み、母趾の付け根に水ぶくれなどができる場合、修正が必要ですので西東京かとう整形外科にお電話の上、インソールの修正をご予約ください。